2019.11.26

箱根連覇へ東海大の最後のピース
となるか。館澤亨次が大ケガから復帰

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

「昨年は、自主的に動けていたのは主力だけだったんですよ。でも今年は、自分が下のチームを見ることが多かったのですが、そういう選手たちも自主的に行動している。キャプテンがチームを引っ張るのではなくて、自分たちでしっかり考えてやっていこうという集団になってきている。本当に芯の通った強いチームになってきました。いい同級生と後輩たちに恵まれて、自分の理想とするチームの形ができてきたと思います」

 館澤はそう言って、笑顔を見せた。

 昨年は4年生と黄金世代と呼ばれる3年生が軸のチームで、ほかの選手や下級生と実力はもちろん、意識の差も大きかった。今年も黄金世代の4年生が軸になると思われたが、現状は3年生がチームを引っ張り、さらに市村や松崎をはじめ、下級生も力を伸ばしてチームにいい緊張感を与えている。

「今の東海大はすごく勢いがある。箱根に向けて、ほんと贅沢な状態です。自分は、誰を選ぼうかと迷えるチームが強いと思うので、そういう意味で東海大は優勝候補と言われるだけの戦力が整っていると思います。正直、今のウチなら箱根に勝てる自信があります。怖いのは慢心や油断だったりしますが......でも、そこはみんなにきつく言っているので大丈夫だと思います」

 キャプテンとして、今のチームに絶対的な自信を持っている。それは優勝した前回以上に、今年は館澤の思い描く理想に近いチームづくりが進んでいるからでもある。

 一方で、ランナーとしての館澤はどうなのだろうか。世田谷ハーフで復帰を果たし、その数日後には復帰後、初めてポイント練習をこなした。

「ポイント練習はすごくきつくて、みんなと同じことができなかった。箱根までめちゃくちゃ頑張らないといけないなって思いました」

 上尾ハーフではその疲労もなく、気持ちよく走れた。箱根へ向けて明るい材料が、またひとつ増えたことになる。夏は走れない状況に「かなり焦っていた」と言うが、今はどのような心境なのだろうか。

「それほど焦りはないです。チームが箱根で勝つことを考えると、今の自分ならいなくても勝てる状況です。たぶん、キャプテンでなければ今後のことを考えて、箱根をあきらめていたと思うんですよ。でも、それができない立場ですから......。まぁ、前回の時よりも強くなって、さらにチームに勢いをつけられる存在になれるかどうかですね。自分次第ですが、やるからには強くなって戻りたいと思っています」