2019.11.01

東海大が全日本大学駅伝奪取へ視界良好。
現状での最強メンバーはこれだ

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Jiji photo

 このメンバーで全日本大学駅伝を制する。あるいは最後まで優勝争いができれば、箱根の期待は大きく膨らむ。経験を積んだ2、3年の選手たちに、館澤、阪口、鬼塚、關らの主力が戻ってくれば、箱根では隙のない強力なオーダーを組むことが可能になるからだ。

 全日本大学駅伝は、個々がミスなく走ることができれば、自ずと結果はついてくるだろう。だが、逆にひとつでもミスが出ると優勝は厳しくなる。そのくらい、上位の有力校の力は拮抗している。

 そのなかで優勝すれば、目標だった「学生駅伝3冠」はすでに叶わなくなったが、箱根駅伝との2冠が見えてくる。そのためにも、全日本大学駅伝を失うわけにはいかない。

『箱根奪取 東海大・スピード世代 結実のとき』

【発売日】2019年10月4日

【発行】集英社

【定価】1,300円(本体)+税

【内容】2019年1月3日──。 往路2位から復路8区の大逆転劇で みごと箱根駅伝初優勝を飾った東海大学。 その“栄光”にいたる道程にあった苦難や葛藤、 当日のレース模様などを 監督、コーチ、選手たちの証言を交えて 鮮やかに描き出す。

そして、「黄金世代」と呼ばれて輝きを放ってきた 現4年生たちが迎える学生最後のシーズン。彼らはどのような決意で箱根連覇に挑むのか。 出雲・全日本も含む3冠獲得を目指し、東海大学の「黄金世代」が駅伝シーズンに向け、再び走り出す 。

購入はこちらから>>

関連記事