2019.10.23

出雲の悔しさは全日本で晴らす。
箱根の「主役」たちが復調してきた

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

 出雲での全レースを終えた両角監督は、小松と郡司の快走を「よかったですね」と評価した。

「小松の調子のよさは理解していましたし、出雲も正直迷いました。最終的に外しましたが、出走メンバーから外れたことで意地を見せてくれた。それが大事なんですよ。『自分はこれだけ走れるんだ』という存在感をアピールしてくれましたよね。次の全日本大学駅伝を争う相手は今回とほぼ同じなので、1位になったことで相手に警戒される存在になったと思います」

 出雲駅伝は勝負には負けたが、塩澤、西田、市村がレースで戦える選手であることを確認することができた。記録会では小松、郡司が調子のよさを見せつけ、さらに中間層の河野遥伎(こうの・はるき/4年)が140498で4位に入り、自己ベストを更新した。こうした流れがチームに緊張感を与え、同時に勢いを与える。この結果を踏まえて、両角監督は全日本駅伝の区間配置で大胆な決断を下すかもしれない。

 『箱根奪取 東海大・スピード世代 結実のとき』

【発売日】2019年10月4日

【発行】集英社

【定価】1,300円(本体)+税

【内容】2019年1月3日──。 往路2位から復路8区の大逆転劇で みごと箱根駅伝初優勝を飾った東海大学。 その“栄光”にいたる道程にあった苦難や葛藤、 当日のレース模様などを 監督、コーチ、選手たちの証言を交えて 鮮やかに描き出す。

そして、「黄金世代」と呼ばれて輝きを放ってきた 現4年生たちが迎える学生最後のシーズン。彼らはどのような決意で箱根連覇に挑むのか。 出雲・全日本も含む3冠獲得を目指し、東海大学の「黄金世代」が駅伝シーズンに向け、再び走り出す 。

購入はこちらから>>

関連記事