2019.10.09

東京五輪でも見たい!世界陸上で
注目度アップの女性アスリート7選

  • photo by AFLO

イリヤナ・ズク(26歳)
ベラルーシ/棒高跳

急成長を遂げた遅咲きジャンパー

20代前半は世界のトップ選手との差が大きく、初めての五輪出場となった2016年のリオ五輪でも34位。悔しい結果に終わったが、2017年のユニバーシアードで優勝を飾るとそこから成長を遂げる。昨年のヨーロッパ選手権で初めて4m50以上を跳ぶと、世界陸上ドーハで4m70の自己ベストで7位に。東京五輪ではさらなる上位を狙う。