2019.06.30

MGCまで3カ月。神野大地はケニアから
ベストな練習相手を呼びよせた

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

「この間、ユニフォームのサイズを測る前に実業団時代のランパンを履いたんですよ。そうしたらお尻とかがパンパンで、なんか恥ずかしい感じになってしまって(笑)。学生時代の映像もたまに見ますが、足とか棒ですもんね。そう考えると、かなり成長していると思います。中野さんにも『2時間8分台は出せる筋肉はできている』と言われているので、MGCまでハードなフィジカルトレーニングはもうしません。ただ、何もしないと(筋肉が)落ちてしまうので、維持をメインにMGCまでは走る練習をやるだけですね」

 神野は自信に溢れた表情で、そう言った。

 ほかのMGCに出場する選手たちの動向は、レース結果ぐらいしか目に入らない。神野はライバルたちの動きについてはどう感じているのだろうか。

「試合結果は気になりますけど、みんなあまりレースに出ていないですからね。とくには(気にしない)って感じですね。いまの時期、うまくいっていない選手や故障している選手もいると思いますが、僕はここまで順調にきている。故障しないのはトレーニングで鍛えたところを使って走れるようになったからで、もう1年以上、故障がないんです。40キロ走をしたあと、中野さんに体を見てもらったら『故障の心配はない』と言われたので、引き続きケアをしながら、練習では攻めていこうと思っています」

 自分がやってきたことへのたしかな自信があるのだろう。話をしている時も、どっしりとして落ち着いた感が出てきた。その雰囲気はトレーニングを積み重ね、MGCを戦える手応えがあるから発せられるものだ。

 ここまでのプロセスで、神野は一切妥協してこなかった。その努力を積み重ねていけたのは、いったいなぜなのか。

「努力は裏切らないからです」

 それは神野の座右の銘でもある。

(つづく)

関連記事