2019.06.05

桐生祥秀が10秒0台を連発。
ライバル不在で取り組んだメンタル強化

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kishimoto Tsutomu/PICSPORT

 土江コーチは予選の走りを見て、決勝前にこんな提案したという。

「スタートからゴールまですごくきれいな走りだったと思います。すごく評価できることで、いい部分です。ただ、もっと桐生らしく、加速のところで暴れるくらいアグレッシブな走りを決勝ではしようと話しました。それをやれば硬くなる可能性はあるし、それをしっかりやってみようと伝えました」

 それを受けて、決勝の前に桐生は、「9秒台は絶対に出るから」とあえて自分を追い込み、緊張を高めたという。競り合うライバルがいないなか、記録だけを狙うレース。これまでの桐生にしてみれば、失敗したことがある最も苦手な状況だ。この状況で9秒台を出すことができれば、本当の強さを手に入れられるという思いもあったのだろう。

 ただ、9秒台は出すことができなかった。土江コーチは、桐生の決勝の走りをこう評価する。

「決勝も予選と同じくらいの追い風が吹いていたら、自己記録の9秒98前後のところまではいけたかなという感じはあったので、10秒05はちょっと残念だった感じはあります。狙っているのは世界の決勝なので、もうワンランク上げていかなければいけない。そのために、どういうトレーニングが必要なのかとか、あとはレベルの高い選手と一緒のレースをこなしていかなければいけないというのを考えました」