2019.05.17

東海大の箱根連覇の切り札となるか。
鈴木雄太がハーフに狙いを絞るわけ

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Sato Shun

 両角監督は常々「連覇をするには前回と同じメンバーだけでは勝てない」と言っている。黄金世代と言われる4年生を脅かす3年生や、新しい選手の台頭が必要だということだ。幸い、山登りの箱根5区を快走しブレイクした西田壮志(たけし)以外の3年生が、今シーズンようやく開眼しつつある。米田智哉、名取燎太が長い距離をしっかり走り、結果を残しつつあるのだ。

「名取がちょっと覚醒しつつあるんで、それは自分らの代としてはうれしいです。自分たちの代は、出雲、全日本というよりは箱根1本に絞る感じです。1年の時に比べるとだいぶ走れてきていますし、力もついてきている。まだまだ弱い3年生ですけど、箱根で勝てるようにみんなで頑張っていきたいです」

 鈴木の言葉からは、自分も含め、自分たちの代への膨らみかけている自信を垣間見ることができる。小池コーチが「鈴木には”ポスト湯澤”への期待がかかっています」と語るように、首脳陣からの期待も大きい。

 このまま鈴木がハーフで結果を出し続け、湯澤のあとを任せられる選手になれば、両角監督も選手起用の幅が広がり、いろんなオーダーが組めることになる。

 またひとり、箱根駅伝の”椅子争奪戦”に名乗りを上げてきた。

関連記事