2019.01.03

東海大・両角監督が1年前に
提案していた箱根駅伝「3つの改革案」

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kishimoto Tsutomu/PICSPORT/AJPS,Sato Shun

 2019年の第95回大会は、記念大会になる。

 日本固有の駅伝文化をより進化させ、多くの人が楽しめる魅力ある箱根駅伝にするには、その時代の変化や要望に応じてマイナーチェンジを繰り返していくことが不可欠だ。また、箱根駅伝から世界に通じるような選手を生み出していくのが大きな目的であれば、選手強化に関東学生陸上競技連盟がさらに尽力していく必要があるはずだ。

 記念大会は何かを変えるいいチャンスでもある。両角監督の3つの改革案は、奇想天外でも極端に難解なものでもない。ファンと学生のために、そして箱根駅伝がより面白くなるためには議論をすべき改革案である。

関連記事