2018.12.26

箱根駅伝のサプライズ候補。大砲、古豪、東大生ランナーも臨戦態勢

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

「東大生ランナー」として注目される4年の近藤秀一 photo by Matsuo/AFLO SPORT

関東学生連合チーム

1区を希望する”東大生ランナー”に注目

 予選会上位10人の合計タイムは4位通過相当。5000m13分台、1万m28分台がおらず、 主要区間は苦戦が予想される。

 その中で目玉となるのは、予選会を1時間3分44秒(47位)で走った東大・近藤秀一(4年)だ。前回は直前のインフルエンザで欠場。4度目の選出にして悲願の時を迎えることになる。本人は1区を希望しており、チームに勢いをもたらすことができるのか。

 1万m記録挑戦会で自己ベストを出した駿河台・西沢晃佑(4年)と麗澤大・国川恭朗(3年)は往路の候補で、予選会チーム最上位(31 位)の亜細亜大・米井翔也(4年)は復路にまわる見込み。明治学大・鈴木陸(4年)と上智大・外山正一郎(4年)が出走すれば、 それぞれ大学として初の箱根駅伝出場になる。 順位のつかないオープン参加だが、選手たちの熱気は高まっている。

◆箱根駅伝・全チーム 写真一覧はこちら>>

関連記事