2018.12.26

箱根駅伝のサプライズ候補。大砲、古豪、東大生ランナーも臨戦態勢

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

往路の主要区間が濃厚な4年の住吉秀昭 photo by Tamura Sho/AFLO SPORT

国士舘大学

住吉&ヴィンセントがハマれば上位進出も

 前々回は最下位、前回は19位で、予選会を突破しても厳しい戦いが続いているが、今回はレースを盛り上げそうだ。

 上尾ハーフでライモイ・ヴィンセント(1年)が1時間1分19秒でトップを飾ると、住吉秀昭(4年)も1万m記録挑戦会で28分32秒56をマーク。2区が濃厚なヴィンセントは爆発力十分。日本人エースは1区か3区に配置する見込みで、ふたりの快走がハマれば、上位争いを演じてもおかしくないだろう。

“山”も前回5区13位の鼡田章宏(3年)、 同6区12位の高田直也(4年)が残っており、不安は少ない。7人がエントリーされた4年生を中心に、その他の区間を堅実につなぐことができれば、目標の「15位以内」は十分にクリアできる。