2018.12.25

箱根駅伝「シード権争い」展望。予選会上位校の強化策は実を結ぶか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

前回1区で区間2位の3年・浦野雄平 photo by Tamura Sho/AFLO SPORT國學院大學

充実戦力で過去最高順位を上回るか

 予選会を4位で通過すると、3週間後の全日本で6位。2区浦野雄平(3年)の11人抜きで波に乗り、過去最高順位(9位)を大きく上回った。

 前回は5人が区間5位以内で好走するも、2区(20位)と5区(18位)のブレーキが響いて14位。それだけに2区と5区がポイントになりそうだ。前回1区2位の浦野と同4区3位の主将・土方英和(3年)が2区の候補で、浦野を5区にまわす可能性もあるという。

 前回3区5位の青木祐人(3年)は1万m記録挑戦会で自己ベストとなる28分50 秒98をマーク。往路に配置予定の”強力3年生トリオ”でうまく流れを作りたい。過去最高順位は11年と12年に記録した総合10位。7年ぶりとなるシード権をどんな順位で飾るのか。