2018.12.24

平成最後の箱根駅伝。どこが青学を止めるのか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

全日本で1区2位と好走した4年で主将の竹下凱 photo by Osada Yohei/AFLO SPORT帝京大学

過去最強布陣でトップスリーに挑戦

 前回9位のメンバーが9人残り、今季は出雲と全日本で過去最高を上回る5位。上尾ハーフで星岳(2年)が1時間2分20秒、1万m記録挑戦会で島貫温太(3年)が28分30秒 52をマークするなど、全日本を外れた選手も大活躍している。

 登録選手上位10人の1万平均タイムは28分台に突入して、過去最強布陣が整った。全日本1区2位の主将・竹下凱(4年)、関東インカレ(2部)ハーフマラソンで日本人トップの畔上和弥(4年)、1万m記録挑戦会で28分34秒88をマークした遠藤大地(1年)らが往路の候補だ。

 山は前回5区8位の平田幸四郎(3年)、同6区4位の横井裕仁(4年)が残っている。復路メンバーも前回(6位)より確実にパワーアップしており、往路の結果次第では初のトップスリーが見えてくる。