2018.12.24

平成最後の箱根駅伝。どこが青学を止めるのか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

出雲、全日本でも快走した3年の荻久保寛也 photo by Matsuo/AFLO SPORT城西大学

絶好調・荻久保と主将・服部の快走で連続シードを狙う

 前回大会は7位で、今季は出雲と全日本でいずれも過去最高の8位に入っている。今季の躍進は荻久保寛也(3年)の成長が大きい。出雲は1区で3位、全日本は2区で区間賞。1万m記録挑戦会で28分37秒66をマークしており、主要区間での活躍が期待できる。

 前回4区4位の金子元気(4年)も上尾ハーフで日本人学生2位(1時間2分16秒)と快走。前回は脚がつるアクシデントがありながら、前回は5区で10位から6位に順位を押し上げた主将の服部潤哉(4年)の存在も心強い。

 ほかにも1万m28分台の中島公平(4年)と西嶋雄伸(3年)、前回8区4位の大石巧(4年)らが控えている。チームの過去最高順位は6位。選手層は厚くないが、適材適所のオーダーで、大学最高順位と大学初の”連続シード”を狙う。