2018.12.24

平成最後の箱根駅伝。どこが青学を止めるのか

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

4年連続で6区を走ることが濃厚な4年の樋口陸 photo by YUTAKA/AFLO SPORT中央学院大学

6区樋口で勢いをつけて5年連続シードを狙う

 今季は出雲で6位に入ったが、全日本は14位に転落。主力が大量に外れたことが影響した。1万mでチーム最速タイム(28分29秒12)を持つ横川巧(3年)は登録できなかったものの、前回の箱根と今季の出雲と全日本を欠場した1万m28分台の高砂大地(3年)はエントリーされるなど、戦う準備は整いつつある。

 9月に1万m28分台をマークした川村悠登(3年)と髙橋翔也(2年)が主力に成長。1区は川村、2区は髙橋が濃厚で、出雲1区を4位と好走した川村でスタートダッシュを決めたい。

 2区経験者の高砂と市山翼(4年)は他の区間にまわる見込み。5区は未知数だが、6区は4年連続となる樋口陸(4年)がスタンバイ。過去の区間順位は3、5、6位と安定しており、今回も順位を上げるだろう。6区樋口でシード圏内に入り、5年連続シードを確保したい。

(予選会上位校編に続く)

◆箱根駅伝・全チーム 写真一覧はこちら>>

関連記事