2018.11.26

箱根に向けて東海大に朗報。
人生初の試練を乗り越え、阪口竜平が復帰

  • 佐藤俊●文・写真 text&photo by Sato Shun

 まだ、故障明けゆえにスタミナ面の課題などがあり、楽観視はできない。これから箱根駅伝本番まで約1カ月半で、23キロを走る力をどのように整えていくのか。西出仁明(のりあき)コーチは「故障で走れなかった阪口が戻ってきたのは大きい。ただ、今日走った影響が今後どのように出るのか。夏に走っていないので、今後は様子を見ながら調整をしていく必要があると思います」と慎重だ。

 それでも阪口が復帰した事実はチームに大きな力になる。欠けていた大きなピースがようやくハマった感がある。

「これまであいつはケガでつらかったと思うので、その分、箱根ではやるでしょう」

 中島は、笑みを浮かべてそう言った。

 その阪口を支え、東海大トップの結果を出したのは、中島だった――。

(つづく)

関連記事