2018.11.09

箱根で打倒・青学大へ。東海大は弱点
「ロング区間」をどう克服するか

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kyodo News

 また、駅伝デビューの西田も物怖じせずに走り、箱根で走れる目処がついた。「山の神になりたい」と西田自身が言うように5区が有力視されている

 さらに鬼塚は今後コンディションがよくなっていくだろうし、ケガから回復しつつある阪口竜平(3年)は箱根には戻って来れそうだ。三上嵩斗(しゅうと/4年)は間に合うか微妙だが、箱根に向けて強くなる要素がまだいくつも残っている。

「箱根は、ここまで成長している選手もいますし、そういう意味ではチームの底上げは出来ていると思います。ここに故障した主力が戻ってくれば、箱根はもう少し面白い戦いができると思います」

 両角監督は、手応えを感じている。出雲、全日本で敗れた借りは、箱根で返す。ここから東海大の底力が試されることになる。

関連記事