2018.10.13

日本記録更新の大迫傑はシカゴマラソンで
日本人らしからぬ走り方だった

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato

帰国後、取材に対応する大迫。左はレースで履いたものと同じ「ズーム ヴェイパーフライ 4% フライニット」(写真提供:NIKE) 大迫は細長くなった集団の中でうまくペースをコントロールして、リラックスした走りを心がけていたという。中間点の通過は1時間3分04秒。スタート前の予定より30秒以上遅かった。

「もともとそんなにタイムは意識していませんでしたが、頭の片隅で『ゴールタイムは2時間6分半から7分ぐらいになるのかな』と思いました。前半はそんなに脚が動いていた感じがなかったんですけど、逆にそれが後半に脚を残すためにはよかったのかなと思います」

 ペースメーカーがいなくなってからレースが一気に動きだす。25~30kmの5kmは14分27秒。直前の5kmと比べて、タイムが1分以上も速くなった。30kmの通過は1時間29分43秒。トップ集団は9人で、全員がナイキのシューズを履いていた。大迫は少し遅れる場面もあったが、落ち着いて先頭グループに加わった。

「終盤は自分を励ましながら、目先の1マイル、1マイルに集中しました。前のペースがガツンと上がったときに少し遅れましたが、ゲーレンやファラーが詰めようとしたので、それを利用させてもらうなど、うまく他の選手を使って、なるべくエネルギーを消費しないように走りました」

 大迫は30~35kmの5kmを14分31秒でカバー。次の5kmも14分42秒でまとめるも、ファラーのスパートには対応できない。途中、両脇腹を押さえるシーンもあった。

「お腹が痛くなり始めていたので、肋骨を下げるじゃないですけど、少し対処した感じです。それほど鋭い痛みにはならなかったので、なんとか持ちこたえることができました。一番きつかったのは、ファラーがラスト3kmくらいで(ペースを)上げたときですね」

 終盤は小雨が降り、それまで静かにしていた風がランナーたちに向かってきた。大迫は3位争いを繰り広げながら、40kmを1時間58分59秒で通過する。このあたりからようやく"タイム"に対しての欲が出てきた。

「記録が見えてきたので、3位争いの中で勝つというよりは、タイムを意識しました。あと1マイルというところで2時間1分くらいだったので、『日本記録は狙えるぞ』と思いましたね。ただ、向かい風が強くなっていたので、少しでも気を抜くと脚をつるリスクも出てくる。身体の状態とタイムを見ながら、必死に走りました。福岡と同様、ゴール前に上り坂があって、ラストスパートとはならなかったですけど、最後までしっかりと走り切ることができたと思います」