2018.10.09

「出雲駅伝プロジェクト」で勝利。
2年ぶり王者奪還の青学大に隙なし

  • 佐藤俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kyodo News

 対抗馬はどこになるのか。

 東洋大は出雲駅伝でベストメンバーを組み、主力を置いた前半の3区間でトップに立つという展開に持ち込むことができなかった。6区で青学大に4秒差まで迫ったが、ベストメンバーで勝てなかったショックは選手に少なからぬ衝撃を与えただろう。全日本では走れる選手がさらに2名必要になる。選手配置などを含め、どのくらい修正できるか。

 3位に入った東海大は、昨年の優勝メンバー6名のうち、今回出場できたのは館澤と關颯人(せき・はやと/3年)のみ。青学大や東洋大のメンバーとの力関係を見れば3位はある意味、妥当な結果だったように見える。全日本では、今回走らなかった鬼塚翔太(3年)ら主力がどのくらい戻ってくるか。

「まだ、(3大駅伝は)始まったばかり。これからも気を引き締めて戦っていく」(原監督)

 指揮官自ら勝って兜の緒を締めた――。今年、陸上競技部創部100周年を迎えた青学大、今のところ付け入る隙はなさそうだ。

関連記事