2018.01.31

神野大地の初マラソンにみる
「ハム&臀筋型と大腿四頭筋型」2つの走法

  • 佐藤 俊●文・写真 text by Sato Shun photo by Nakanishi Yusuke/AFLO SPORT

 神野は青学時代から見ているけど箱根の時はかなり緊張していたし、基本的に"緊張しー"なんですよ。でも、あのレベルのレースで緊張していたら、五輪本番ではもっと緊張するだろうし、それじゃ強い選手になれない。

 神野にもよく言いますけど、福岡で緊張しているようだとレベルが低いし、コンディションが合わせられなかったとか、体がきついとか、海外の大会はレベルが高いとか言って勝てない選手は弱い。どんな環境でも結果を出すという点においては、神野はまだ弱い選手ですね」

"緊張感"は勝負するときに多少は仕方がないものだが、神野の場合、過緊張に近い状態にあったようだ。走り始めて10分間も表情が変わらず、硬いままだったのがそれを証明している。ただ、この過緊張は初マラソン独特のものでもあると考えられ、2回目以降は緊張が過度になることはないだろう。もちろん東京五輪の舞台は、まったく別ものなのだが。

 いずれにしても、現実問題として前半から使った大腿四頭筋はさほど鍛えておらず、そこを使い切った後の切り替えた走りもできなかった。今後も緊張から大腿四頭筋を使って走る可能性は少なくはない。大腿四頭筋の強化をどの程度進めるのだろうか。

「今回、レースであれだけ大腿四頭筋を使ったので、今後はある程度はつくっていったほうがいいと思っています。それで神野の不安も解消できる。大腿四頭筋はレイヤートレーニングの中で体重の乗せ方の位置や足の置き方で調整できるので、これまでのトレーニングの中でやっていきます。より強い足がつくれると思います」

 神野はレース後、「蹴り上げと前傾を忘れてしまった」と言った。それは緊張による影響もあるが、まだ自分のモノになっていないということでもあるだろう。それゆえに大腿四頭筋を使うことになり、前傾フォームが乱れた。今後、大腿四頭筋を鍛えていくことにはしたが、なかなか前傾が取れないフォームについては、どうするのだろうか。