2017.12.29

東海大は2分差を復路で逆転可能。
箱根駅伝「初Vのシナリオ」はできた

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun


 中島を面白いなと思ったのは、箱根駅伝の記者会見の時だ。選手はそれぞれ椅子に座り、メディアの取材を受けるのだが、人気ある中心選手のところには多くの記者が集まる。阪口、鬼塚、關、館澤亨次(2年)らが多くの記者に囲まれているのを観ていた中島は、「人気格差がすごい。僕はまだ人気薄ですが、来年はこの格差を埋めて逆転してやります」と、メラメラと闘志を燃やしていたのだ。

――2年生はお互いをかなりライバル視している?

「みんな、あると思いますけど、僕は興味ないです。みんな、トラックで結果を出して注目されていますけど、僕は元々遅いし、スピードに特化した練習をしていないのでトラックで勝てるわけがない。大学では5000mとか1万mで勝った者が注目されますけど、社会人になったらマラソンが注目されるんで、いつか逆転してやろうって思っていますね」

 注目度に格差がある現状に中島は納得していない。やはり走るからには目立ちたい気持ちがある。その状況を変えるには、箱根が最大のアピールの場になる。

「僕は箱根しか注目を浴びるチャンスがないので、ここで一発やるしかない」

 中島は強い思いでいるが、そう宣言するだけの力を持っている。1年の時、箱根6区を走った。

「でも、あまり力を出し切れなかったですね。じゃ、今季はリベンジですかとよく言われますけど、そこまで6区に思い入れはないです。6区専用機になるつもりもありません。平地でも走れる力が欲しいなって思って、この夏は実業団の合宿で毎日40km走をメインに60kmを走ったり、距離を踏んできました。

 その結果、昨年はロードやトラックでも後半、止まることがあったんですけど、今年は後半の5kmで伸びているんで、それは練習の成果かなって思います。トラックでは他の選手に少し後れをとりましたけど、ハーフでは結果を出せたので、やってきたことは間違っていなかったと思っています」

 中島は夏合宿を含めた練習の成果をレースでしっかりと出している。10月の高島平ロードレース(20km)では58分35秒というタイムで、川端千都(かずと/4年)に次いで2位、自己ベストを更新した。レース後、両角速(もろずみ はやし)監督からは「平地でも走れる力がついたな」と言われたという。