2017.12.24

東大生ランナー・近藤秀一が語る
「僕が箱根駅伝を走る前に思うこと」

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • photo by Matsuo/AFLO

 想像通りにいかないのがレース、しかも箱根駅伝だ。近藤はどのようなプランを考えているのだろうか。

「1区を走る他校のランナーたちと僕の5000や1万のタイムは胸を借りるくらいの差はあるでしょう。でも21.3 kmは違う。鶴見中継所にどう入るか、目標はそこです。自分の心と体を見極めて、我慢すべきときは我慢していくべきときはいく。力を出しる準備はできています」

 最後に近藤は昨年までなら感じなかったかもしれない思いをつけ加えた。

「当日は家庭教師先の生徒も大切なこの時期に応援に来てくれます。今年は本当に多くの人に気にかけてもらっていると実感しました。応援してくれるすべての人に感謝を込めて、勇気の湧き出る走りを見せます」

◆大迫傑が語る異次元のマラソン哲学。「走りの感覚はレースごとに忘れる」>>

◆箱根にはない緊張感。神野大地が「ほろ苦い初マラソン」を詳しく語る>>

関連記事