2017.12.23

神野大地、苦しみの初マラソンにも
「大迫さんを越えていかなければ」

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

次のレースに向け、再始動した神野大地神野プロジェクト Road to 2020(11)
福岡国際マラソン 後編

(レース前のメンタル面を語る前回の記事>>)

 福岡国際マラソン、15kmを越えたところで神野大地の身体に異変が起きた。

「腹痛が起きたんです。(集団の)前に行ってすぐ痛くなったんで、あー余計なことしなきゃよかったと思いましたね。でも、まだ足に力が残っていましたし、(1kmを)3分ペースなので、なんとかついていけたんです。そうして我慢して後ろでついていくと4km(19km付近)ぐらいで治まって。よし、これで仕切り直してイケるぞって思いました」

 腹痛は神野にとって大きな課題だった。

 過去のレース、とりわけ大事なレースの時ほど腹痛が起き、失速の原因になった。そのために検査をして、薬で対処することになった。本来であれば11月初旬の東日本実業団のレースで薬を試す予定だったが、エントリーから外れてしまい、今回ぶっつけ本番での服用になった。結果は、残念ながら腹痛が起きてしまったが、幸い長引くことなく、我慢して走れた。ダメージも思ったほどはなかった。

 腹痛から回復した神野は、勢いを取り戻した。

 ところが――。

「さぁ、ここからだって思った矢先、またアクシデントが起きたんです」