2017.12.21

箱根にはない緊張感。神野大地が
「ほろ苦い初マラソン」を詳しく語る

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun
  • photo by Kyodo News


 レース2日前に行なわれた記者会見での神野は、過度の緊張のせいか表情が硬く、少し不安そうだった。だが、前日の午前練習の時は緊張感こそあったが、表情が前日より落ち着いていた。1000mを1本走り、軽く練習を終えると、神野は笑顔でこう言った。

「明日、いけそうです。何かが起こりそうな気がしています」

 その言葉通り、何かを起こしてくれそうな気配を漂わせていた。

 福岡国際マラソン当日、快晴になり、気温は13度まで上昇していた。日なたでは多少暑さを感じるが、気になるほどではない。

 スタート直後、神野は大きな先頭集団の中にいた。

「戦わずして引いたレースをしたら自分の限界がわからないまま終わってしまうので、挑戦していこうと思いましたし、ペースメーカーがついて30kmまで(1kmを)3分ということだったので、先頭集団についていくことだけを考えていました」

 大きく膨らんだ先頭集団だったが、徐々に縦長に伸びていった。縦長の後方についていた神野は、これは意外としんどいレースになると覚悟したという。

「集団が横に膨らむとフッて、落ち着くタイミングがあるんですけど、縦長になると常に遅れないようにしないといけないんです。アクセルを10のうち7ぐらいで踏み続けて走る感じで、ペースが落ちるタイミングがないんですよ。だから、結構最初からエネルギーを使っていました」