2017.12.01

「いつまでも箱根じゃない」。
神野大地、初マラソン直前インタビュー

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun


「そうですね。短距離ばかりに持っていかれたくない。長距離が盛り上がるためには自分が結果を出すことが一番。箱根(駅伝)で活躍した選手がマラソンで活躍すると、やっぱり盛り上がると思うんですよ。ただ、いつまでも箱根じゃない。今はまだ箱根の印象が強くて、大学時代の結果で注目してもらっていると思うんですけど、そこを変えていかないと自分の未来はないと思っています」

 神野は厳しい表情でそう言った。

 昨年の熊本甲佐10マイルで優勝、今年は丸亀ハーフで日本人トップになり、独特の練習で山の神ではなく、マラソンランナーとして注目されるようになってきた。メディアでの露出も増え、女性誌に出たり、テレビ出演の回数も増えた。今回勝てば、より注目が集まり、最近お気に入りだという永野芽郁にも会えるかもしれない。

「彼女はきれいで面白いので好きですね。来年のカレンダーも予約しました(笑)」

 勝者はいろいろなものを手にすることができる。

 青学大時代、山の神として一世を風靡した神野は、その成功体験がある分、勝ちたい気持ちは誰よりも強いだろう。

「大学時代の結果は賞味期限が切れてきていると思うので、今回結果を出し、マラソンを高いレベルに引き上げることで、箱根駅伝・山の神の神野大地ではなく、『マラソンの神野大地』として、生きていきたいと思います」

 2週間前に足を痛めて万全ではない――しかし、初マラソン初優勝、日本国内記録(2時間6分51秒:藤田敦史)と初マラソン記録(2時間8分12秒:藤原正和)の突破、そしてMGC出場権が懸かっている。

 12月3日、神野らしい派手な記録ラッシュで、結果を出すことができるか―――。

◆【密着ルポ】神野大地は福岡国際マラソンへ、どんな調整をしているか?>>

関連記事