2017.09.28

夏合宿の地獄坂トレーニング。
東海大の「5区山登り」は春日主将か

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun

 3次合宿では2度目の山登り練習だが、粘り強さを見せた。最近、ようやく山登りに慣れてきたという。

「夏合宿は登り練習に限らず、全体的にアップ&ダウンのコースが多くて、徐々に登りの身体の使い方とか、リズムが取れてきて、こうやったらラクに登れるかなっていう感覚がつかめてきました。それをもっと自分のモノにするために、これからもちょくちょく登っていきたいですね」

後輩、西田を抜いて、快走する主将・春日 どこの大学も箱根駅伝5区の人選には苦労し、頭を悩ませている。しかし、歴代の「山の神」たちが証明してきたように、そこにスーパースターが生まれれば、箱根制覇に向け、俄然優位に立つことができる。このまま春日が順調に調子を上げていけば、箱根初制覇のキーマンのひとりになるだろう。 

 西田はワゴン車の座席で放心状態のままだ。

「俺は最後の登りになるけど、西田、おまえは来年もここでやるんだよ」

春日の言葉に西田が反応する。

「いやーもう無理です。いやだ。来年は走りたくないっ」

「最初の1km、ガソリンばらまく感じで景気よく走ってたのになぁ」

 春日が苦笑する。確かに序盤の走りはよかった。力強く登るさまは、これからの可能性を十分に感じさせてくれた。

「そうなんですよ。最初はよかったんです。でも、霧ヶ峰で折り返した時、あれっ、ちょっと待って、という感じで足が進まなくなって......。無理矢理足を動かしたんですけど、マジでキツかったです。でも、自分は登りたいと思って東海に来たんで......。自分が選んだ道なのでキツイけどやめられない。山で結果を出したいです」