2017.08.08

川内、中本、井上の3人は
「何を考えて世界陸上マラソンを走ったか」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Nakamura Hiroyuki/PICSPORT

「今回は先頭集団と同じペースでいって、自分がどこまで通用するかを確かめるのが目的だったので、あの走りは当然。前半のペースが上がったり下がったりした時も、他の選手は『まだ勝負どころじゃないよ』という感じで平然と走っていたので、そこに関しては力の差を感じました。彼らと同じような走りは、まだ20kmまでしかできないのが現状だったので、これからもっと何度も挑戦し、何回も弾かれるとは思うけど、勝負をし続けたいと思います」と巻き返しへの決意を述べた。

 世界で戦うために今後、日本に必要なものは何かという問いに、中本は「スピードにしても、経験にしても、タフなレースにしても......。けっこういろんなことが欠けていると思う」と数多くの課題を挙げた。

 世界のマラソンが日々進化していくなかで、日本の選手たちはどんな手法を選択して挑戦していくのか。それぞれが自分に合った明確な方法論を見つけていくことが、今の日本勢が世界と戦うための第一歩になるだろう。

■陸上 記事一覧>>

関連記事