2017.07.10

【東海大・駅伝戦記】館澤が1500m優勝。
このスピードを箱根で使う

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun  photo by Nakamura Hiroyuki/PICSPORT


 このレース前の關は予選会のために長距離を走り、ほとんどスピード練習をすることができなかった。「決勝」を目標に走ったが、あと一歩及ばなかった。

 個人学生選手権5000mで優勝し、1500mでも5位だった阪口は10位に終わり、残念ながら決勝に進むことができなかった。

 館澤は予選2組で、トップ通過を果たした。しかし、レース内容にはまったく満足できなかったという。

「予選のレースはまったく理想的ではなかったです。雰囲気に飲まれてしまい、焦ってしまって......。その夜、自分のレースの反省をして、3組全部のレースの動画を見て、さらに1位になった選手の走り方を見て、研究しました。1500mは誰にも譲りたくないですし、自分がエースだと思っています。日本一になるのは夢じゃないと思っていますので、決勝ではこういうレースをしようというイメージを作っていました」

 そして、男子1500m決勝が始まった。

 序盤からスローペースの展開になり、最初の400mは1分08秒だった。そのペースにも動じず、館澤は3番手の位置をキープしている。すると、800m手前で木村がスっと前に出てペースを上げ、スローな展開を打ち破った。

「両角先生に800m過ぎたら。前に出てみろって言われたので仕掛けました」

 狙い通り自らが先頭に立ち、レースを引っ張った。館澤は木村のおかげでペースが上がり、「ラッキー」と思っていたという。

 ラスト1周の鐘が鳴った。

 木村が懸命に先頭を走り、その座を譲らない。その後ろを館澤がついていく。バックストレートに入り、残り200mになった。館澤が一気に木村を抜き去り、スピードを上げていく。ターボチャージがかかったようなスピードだ。ラスト200mに絶対的な自信を持つ男に、他の選手は追いつくだけのスピードも余力も残っていなかった。