2017.06.23

【月報・青学陸上部】新キャプテン吉永の苦悩。
就活、不調、監督と衝突…

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun


 今、吉永はキャプテンの重さ、大変さを改めて噛みしめているだろう。こんなにキツイものなのかと思っているかもしれない。外的なプレッシャーも秋の駅伝シーズンに入ると大きな波となって吉永に襲い掛かってくる。

 その時、どれだけ踏ん張れるか。神野がキャプテンだった時、ケガに苦しみつつも最後は箱根連覇を達成した。その時と同じように、彼を慕う多くの人に支えられて、吉永はキャプテンとしての任務を全うしていくはずだ。

 それが吉永の強み、でもある。

*     *     *

 夕方、5000mの表彰式が行なわれた。青学は2位に橋詰大慧(たいせい/3年)、3位に小野田勇次(3年)が入った。

橋詰(左)が銀メダル、小野田が銅メダルと3年生の調子がいい 橋詰は好調を維持し、安定感が出てきた。間違いなく3大駅伝のメンバー候補になるだろうし、さらに大化けする可能性もある。

「夏に走り込んでもっと鍛えて、チームの勝利のために貢献したい」

橋詰は謙虚にそう言うが、彼の活躍は本当に頼もしい。1、2年時は故障ばかりで満足に走れなかったが、地道に練習を重ね、昨年秋から急成長した。チームには故障者や伸び悩む選手がいるが、橋詰の成長は彼らにとっても大きな希望なのだ。

 小野田は「風邪をひいていたんですけど、なんとか我慢できた。最初から前のペースについていったのがよかった」と、笑顔を見せた。病んでいたようにはまったく見えない元気印だが、スピードも粘りもついてきた。今年は出雲、全日本の平地での快走も期待できそうだ。

 3年生は森田歩希(ほまれ)、橋間貴弥らが無難な走りを見せた。2年生は鈴木塁人(たかと)と生方敦也がよかった。1年生は神林勇太、市川唯人、岩見秀哉の3人が頭ひとつ抜け出てきそうだ。

 前期最後のレースとなる世田谷記録会では、いったい誰が吠えるだろうか。

(つづく)

■陸上 記事一覧>>

関連記事