2017.06.10

【月報・青学陸上部】箱根で勝つのに
必要な4年生の調子が上がらない

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun  photo by Nikkansports/AFLO


 昨年で言えば、この時期は安藤悠哉キャプテンも故障から復帰した頃で、調子はまだまだだったし、秋山雄飛はドン底状態だった。安定していたのは一色恭志と茂木亮太ぐらいだった。だが、夏合宿を過ぎてから4年生のペースが一気に上がり、出雲駅伝は4区の茂木、5区の安藤、アンカーの一色ら4年生が快走して優勝した。もちろん箱根でも一色、秋山、池田、安藤ら4年生の活躍があってこその3連覇だった。

 下田は「4年になってみて、昨年の4年生は強かったなぁと感じた」というが、そのレベルにまで全員が届くようになるのは簡単なことではない。
 
 今は橋詰大慧(はしづめ・たいせい)ら3年生に加え、5000mで日本人2位(全体6位)になった鈴木塁人(すずき・たかと/2年)など、下級生の好調が目立つ。しばらくは彼らがチームを引っ張っていくことになりそうだが、4年生はいつ浮上してくるのか。

 今月の個人選手権大会で、底力を見せてくれるだろうか……。

(つづく)

■陸上 記事一覧>>

関連記事