2017.01.15

【月報・青学陸上部】いま明かす
田村和希の失速、下田裕太の激走の真実

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun photo by Nikkan Sports/Aflo


 下田は、区間新を獲れなかったことを悔やんでいた。それでも来シーズン、最上級生で挑む箱根について聞かれると「4連覇のプレッシャーはないです」とキッパリと言い切った。

「今回、箱根のエントリーで自分たちの代が5名入っていたのが大きいです。吉永は故障で無理だったですけど、中村祐紀は調子がよかった。でも、安藤さんとの比較と『アンカーは4年生が走るべきだ』という監督の考えもあって、走ることができなかった。来年は2人ともしっかり走ってくれると思いますし、(5区の)貞永(隆佑)にはもっと山を早く登ってもらわないといけない。そして、僕と田村は往路を走らないといけないと思っています」

 来年の箱根は2区を走ったエース一色と3区の秋山雄飛、9区の池田、10区の安藤が卒業して抜ける。往路、復路ともに大幅なメンバーの入れ替えが起こるだろう。

 だが青学の選手層は分厚い。今の1、2年生が成長し、有望な新人も出てくるだろう。そして、4年になる”タムカズ―シモダ”のラインは駅伝の軸となり、さらに強力な武器となる。出雲も全日本も、そして最後の箱根駅伝もこの2人で襷をつなぐはずだ。

■陸上 記事一覧>>

関連記事