2017.01.12

【月報・青学陸上部】「青トレ」考案者が
掲げる箱根3連覇の次の目標

  • 佐藤 俊●文・写真 text & photo by Sato Shun


――ひと言でいうと、青学の強さとは何でしょうか。

「いろいろありますが、東洋大の酒井(俊幸)監督が『青学の強さはフィジカルのつくり方を個々に合わせてやっているからだ』と言っていました。よくわかってくださっているなぁと思いましたね。青学はそれぞれの分野を専門家に任せてくれています。一般社会で当たり前のことを普通にやっているだけなんですが、それが強さのひとつだと思います」

 原監督は貪欲だ。現状に満足する様子はなく、「五輪を戦えるマラソンランナーを輩出する」と宣言し、陸上界をさらに引っ張っていく姿勢を見せている。

――大きな目標を達成した今、中野さんが次に青学大で目指すものとは?

「私は、フェーズ1・2・3・4と4段階のプログラムを考えています。今は、まだフェーズ3の途中段階ですが、これは別に箱根駅伝での優勝を目標に考えているわけではありません。箱根の金メダルだけを考えれば、20kmちょっと走れるような体にすればいいのですが、私と原監督はあくまで42.195kmを走るということをトレーニングプランの軸にしています。フェーズ4までやり遂げることで、卒業した後にフルマラソンを走れるような基盤を作っているのです。実際、神野は社会人になっても頑張っているし、橋本(崚・GMOアスリーツ)は防府マラソンで優勝したように結果が出てきています。駅伝を走りつつ、世界のマラソンの舞台に立てる選手を作っていく。それが私と原監督の目標です」