2016.12.29

駒澤大のカギを握るダブルエースと5区・大塚。
青学大を引き離せるか

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by YUTAKA/AFLO SPORT(競技)

徐々に調子が上がってきてると語った大八木弘明監督徐々に調子が上がってきてると語った大八木弘明監督  その切り札を生かすために重要になってくるのは、4区までを青学大にトントンか、あわよくばリードしてつないでこられるかということにある。

「往路優勝のためには青学大だけではなく、今年は順調にきている早大や、走れていると感じる日体大や中央学院大も警戒している」と大八木監督はいうが、6区に59分台で走れる選手を用意できたとしても、青学大には小野田勇次、日体大には秋山清仁と大砲がいる。その追い上げをしのぐためにも往路で2位以下を2分は離しておきたいところだろう。

 そのためには往路序盤をどう滑り出すかが重要になる。

「駅伝では気持ちで負けていたら相手には勝てないので、常に攻める気持ちを持って走らないといい結果は出てこない。あとは冷静さ。攻める気持ちはあっても、走る中では冷静さが必要。自分の体調をきっちり把握し、もし他の選手と並走になったときは相手の表情や様子をチェックできる冷静さも必要だと思います」