2016.12.28

【箱根駅伝】打倒・青学大に燃える東洋大
「唯一の作戦は先手必勝」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Toshihiro Kitagawa/AFLO

 その役目を担うのが服部だろう。ただ、かつての大迫傑(早稲田大)のようにスタートから飛び出して大差をつけるという走りは難しいので、中盤を過ぎてから持ち味であるキレを生かしてスパートを仕掛け、創価大のムソニ・ムイル(1年)や早稲田大の武田凜太郎(4年)が1区に出てくれば、彼らの走りを利用して、青学大との差をいかに広げられるか、ということになる。

 そこで十分なリードを得て、花の2区で口町を起用し、3区には上尾シティハーフを1時間02分05秒走り5位に入った相澤晃(1年)を置いて流れに乗せる。そうなれば、前大会より距離が延びた4区では、準エース格の櫻岡が青学大の準エース田村和希(3年)を相手に粘るというレース展開に持ち込むことができるだろう。

 打倒・青学大を果たすために必要なのは、先手を取ること。それが一矢を報いるための唯一の作戦ともなる。東洋大が優勝するために大きなカギとなるのは、1区を走るエース服部弾馬にかかっているといってもいいだろう。

■箱根駅伝チーム戦力分析・シード校10チーム>>

■陸上 記事一覧>>

関連記事