2016.12.24

箱根駅伝・全チームの戦力分析【シード校編】。
青学を倒すのはどこだ?

  • 酒井政人●文 text by Sakai Masato
  • photo by AFLO

エントリー発表の際、「駅伝主将」に指名された服部弾馬東洋大学

エース服部弾馬のスピードでトップを奪え!

 今季は出雲が9位、全日本が6位と、酒井俊幸監督が就任して以来、過去最低の順位となった。だが、箱根は総合優勝を狙う「攻めのオーダー」で挑む。5000mで現役日本人学生最高タイムを持つ、エース・服部弾馬(4年)は1区が有力。高速レースに持ち込んで大量リードを奪いたい。

 また、出雲と全日本を欠場した口町亮(4年)が復帰予定で、これにより戦力は大幅にアップする。1万m28分22秒97のタイムを持つ櫻岡駿(4年)と共に往路の主要区間(2区と4区)を担うことになるだろう。全日本のアンカーで区間4位と健闘した山本修二(2年)、上尾ハーフでジュニア日本歴代3位の1時間2分05秒をマークした相澤晃(1年)の活躍も期待できる。