2016.11.07

全日本で光った早稲田大の「全員駅伝」。
箱根で打倒・青学大なるか

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Jiji photo

 その3区は、1年生で関東インカレデビューをしながらも故障で低迷し続けた、4年の鈴木洋平だった。

「同学年にはちょっと遅れをとりましたが、4年で巻き返すためにも駅伝では全部区間賞を取るつもりでした」と振り返るように、出雲では4区で区間賞を獲得していた彼は、その好調さをここでも存分に発揮する。3.5kmから青学大2年の吉永竜聖をジワジワと引き離し、4km過ぎで完全に突き放すと独走状態となり、14秒差で4区につないだのだ。その勢いを、前回の箱根では4区で区間4位になっている永山博基(2年)が受け継ぐ。永山は、出雲で東海大を逆転して優勝する立役者になった青学大の主将・安藤悠哉(4年)を突き放す区間賞獲得の走りで、1分7秒差をつけた。

「1区はみんなブレーキをかけてしまいそうな悪いイメージがある中で、武田がいいスタートをしてくれて、平も出雲の悪いイメージを断ち切ってくれたので想定していた展開を体現できた。そのままの勢いで逃げたかったのですが、ちょっと力が足りなかったかなと思います」と、早大の相楽(さがら)豊監督は言う。

 続く5区の新迫志希は、1年生ながら区間2位と期待通りの走りをみせたものの、青学大の小野田勇次(2年)に5秒詰められて、1分02秒差にされた。青学大の原晋監督が「あそこで数秒でも詰めてくれたのがうちの勝因になった」と言うように、ここが分岐点だった。