2016.09.23

【月報・青学陸上部】まずは出雲駅伝へ、
選手たちのギアが上がった

  • 佐藤 俊●文 text by Sato Shun  photo by AFLO

 茂木と田村和は8月の選抜メンバーによる御嶽合宿中、通常の練習量を落として、このインカレに合わせて調整してきた。

 茂木はこれまで3年間、夏前のケガのために夏季合宿にまともに参加したことがなかった。しかし、今年はケガもなく、フルに参加。レースでは5月世田谷記録会で自己ベスト更新、7月世田谷記録会でも13分53秒46を叩き出し、自己ベストを2度も更新して、全日本インカレへの道を開いた。

「ケガなく夏合宿に入れたのは4年で初めてですし、いい練習もできました。ここまですごく順調ですので、逆に危機感を持って、あまり調子に乗らないようにやっていかないといけない。油断すると僕はダメなんで。全日本インカレは田村が今、調子がよくて練習しなくても走れるし(笑)、本番に強いんですけど......」

「なんすか、練習しなくてもって(笑)」

 全日本インカレに向けて一緒に練習していた田村和が笑顔で突っ込んだ。

 茂木は笑って続ける。

「でも、自分は練習ができていないと本番では走れないんです。そういう意味では自分なりに納得いく練習ができたと思いますし、高いレベルで走る機会が今までなかったので(インカレが)すごく楽しみです。大事なのは記録よりも結果ですね。先頭にどこまでついていけるか。当日、よほどの暑さがない限りは勝負できると思います」