2016.07.10

【月報・青学陸上部】エース一色恭志の
激走がチームに喝を入れた

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun photo by AFLO

 一色は流れ落ちる汗を拭おうともせず、満面の笑みを浮かべた。

 この日本選手権で上半期の大きな大会は一区切りついた。ここまで自分が描くイメ-ジ通りの成長ができているのだろうか。

「う-ん、まだまだですね。マラソンの記録も5000mの記録も物足りない。やっと富士山のスタ-ト地点に来た感じです。謙虚? いや、富士山の半分とかいうと、もう残り半分しかないじゃないですか。自分はまだまだ伸びると信じていますんで(笑)」

 自分の果てしない可能性を信じることはアスリ-トにとって大事なことだ。実際、日本選手権での一色の走りは、まだまだ伸びしろがあると確信させてくれた。

 また、大迫に食らいついた一色の姿は青学陸上部の4年生に大きな刺激を与えたに違いない。箱根駅伝で連覇を達成した昨年、当時の4年生はどの学年よりも活気があり、実力でもチームを牽引した。それゆえ「史上最強」と称された。だが、今季の4年生は茂木亮太と池田生成が5000mの自己ベストを更新したが、キャプテンの安藤悠哉、秋山雄飛ら主力選手の調子が上がらず、今ひとつ元気がない。日本選手権でのレ-スの前日、原監督は不甲斐ない4年生に雷を落としたという。

「僕の4年生の中での役割は、走りでチ-ムを引っ張っていくこと。それしかできないし、それが一番得意なことなんです。(レ-スの日は)日曜日なので、みんなオフで見ていないかもしれないけど、見ていると信じて『今日はやったぞ、みんながんばれよ』っていうことを伝えたいと思います。4年生が盛り上がらないとチ-ムが盛り上がらないし、強くならないんで」

 果たして、一色の走りは陸上部のメンバ-に、そして4年生にどう伝わったのだろうか。

(つづく)

■陸上 記事一覧>>

関連記事