2016.01.01

【箱根駅伝】当日メンバー変更も完全予想。区間エントリーに見る3強の戦略

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

 これに対して駒大は好調な其田健也を1区、2区に工藤有生、3区にエースの中谷圭佑を置いて勝負する布陣にした。東洋大は1区と3区にダミーを置いて様子を見ている。

 他の大学を見ると、中央学院大学が予想通りにエースの潰滝大記(つえたき ひろのり・4年)を1区に起用。早稲田大学も自信をつけている中村信一郎(4年)を起用している。特に潰滝は積極的な走りをしてくるはずだ。山梨学院大学も主力の佐藤孝哉(3年)とドミニク・ニャイロ(1年)を1区、2区に起用しており、序盤は前に出てくる可能性が高い。

 駒大が其田の起用でその流れに乗る構想だと考えれば、東洋大も服部弾馬を起用する可能性が高くなる。青学大は、1区で出遅れず、2区一色恭志が確実にトップ集団で走ってあわよくばライバル校の前に出るような形を実現するために、結局は久保田の1区起用で落ち着くのではないか。

 青学大は、神野が調子を取り戻してそれなりに走りそうだとはいえ、6区に前回59分11秒の区間2位で走った村井駿が使えないという誤算もあった。1年生の小野田勇次は下りに適性のある走りをしているとはいえ、初めての駅伝でどこまで走れるかは未知数な部分もある。