2015.12.28

【箱根駅伝】全日本を勝った東洋大。「うちは本命じゃないので楽しみ」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi 中村博之●写真 photo by Nakamura Hiroyuki

「青学大の場合は4本柱の他にも、2年生の田村和希と下田裕太、中村祐紀や、4年の渡辺利典がいて、強いと思いますね。ただどこの大学も箱根では、出雲と全日本に出ていない2名を使わなければいけない。その選手たちが復路でどれだけやるかが、3校の勝敗を分けるのではないかと思います。有力校はどこもプラスアルファの3枚くらいを持っている。うちにもそれはいるので、調子のいい選手を使うことになるでしょう」

 候補者には全日本の8区を走った上村和生(4年)や、出雲と全日本でそれぞれ区間3位と2位になっている野村峻哉(2年)がいるが、それ以外にも渡邊一磨(4年)や寺内将人(4年)、山本修二(1年)が調子を上げてきているという。

「青学大が勝つときは圧勝だと思うけど、うちや駒大が勝つなら接戦でしょう。大八木さんもそう簡単には勝たせたくないと思っているだろうから、前も後ろも気にしながらのレースになる。うちとしては最後の最後まで競り合うレースをしたいですね。今回は本命ではないのでむしろ楽しみ。全日本のように力を使い果たすくらいのレースをしたいですね」

 打倒・青学大は、東洋大や駒大に限らず、上位を狙うすべての大学の目標である。
“3強”はどう戦うか(1) 青山学院大学>>
“3強”はどう戦うか(2) 駒澤大学>>

箱根駅伝記事一覧>

関連記事