2014.01.18

【続・東京マラソンへの道】中島彩「雪の日を安全に走る方法は?」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

こちらは愛用しているピンクのネックウォーマー。顔をすっぽり覆ってくれます(1)まだ雪が地面に残っている日。

 雪は降ってないけど、まだ溶けきっていない状況ってけっこうありますよね。雪が残っていると、走ろうか、走るまいか、判断に迷います。ただ、雪国育ちの彼女が言うには、「走ることは可能」とのこと。人が歩くことのできるレベルの積雪なら、雪上用のランニングシューズで走ることができるんだそうです。雪上用のランニングシューズはソール部分がスパイクのように凹凸になっていて、実際に履いて走ってみたらすべりませんでした! また、こういう雪の残っている日は、日焼け止めをしっかりと塗ることもポイントなんだそうですよ。たしかに雪から反射する紫外線はすごく強いので、焼けないように気をつけましょうね!

(2)走る直前まで雪が降っていた日。

 たとえば、走ろうと思っていた朝まで雪が降っていた場合も、走るべきか否か、判断しづらいですよね。たしかに雪が積もっていると、危なそうです。雪に足がはまったりすれば、大きな事故のもと。ランニングはしないほうがいいですね。ただ、雪が原因でトレーニングしづらい環境の彼女は、公園に移動して走ることもあるんだそうです。なぜ、公園を選んだかというと、犬の散歩などで足場が踏み固められていることが多いからですって。ふんわり積もった雪も、しっかり踏み固められていれば、走るのも苦じゃないと言っていました。ただ、必ずしも安全とは言えないので、どうしても練習したいのであれば、慎重に足場をチェックしてから走ってくださいね!

(3)大雪や吹雪の日。

 この状況は残念ですが、外で走るのはあきらめてください。危険です。スポーツジムやランニングマシンなど、室内トレーニングに切り替えましょう。ただ、雪国に住んでいる彼女の自宅周辺には、スポーツジムがないのだそうです。その場合、どうやってトレーニングをするのでしょう? 聞いてみると、一番効率がいいのは「縄跳び」なんだそうです。場所をとらず、かつランニングに近いトレーニングができるんですって。さっそく私も、縄跳びに挑戦しました! 小学生以来でしたが、狭いスペースでも縄跳びってできるものですね。30~40分ほど縄跳びをすると、大量の汗が噴き出してきました。手軽に安全にできる有酸素運動として、縄跳びはおすすめですよ!