2014.01.04

【箱根駅伝】歴代2位で完全優勝。東洋大の勝因と駒澤大の誤算

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 中西祐介/アフロスポーツ●写真 photo by Nakanishi Yusuke/AFLOSPORTS

 一昨年の出雲駅伝以来、三大駅伝で5大会連続2位という悔しさをバネに、東洋大は2年ぶりの完全優勝を勝ち取った。

 前回優勝の日体大は、2区本田と3区勝亦祐太(2年)の失速で完全に遅れをとった。5区のエース服部翔大(4年)も足を痛めており、万全ではなかった。だが、復路では9区と10区で3位に食い込んで底力を見せ、3強の一角であることを証明した。
 
 また、武器である5区の山本修平(3年)を欠き、エースの大迫も完調でなかった早大も、2区・高田康暉(2年)が区間賞を獲得し、1年生の3区・武田凜太郎や4区・平和真の快走で流れに乗り、最後まで3位を争う健闘を見せた。1年生、2年生の活躍は、次回への期待をつなぐ走りだったといえる。

 この2校を含めて、次回の箱根駅伝ではまた新たな勢力図が形成されていることだろう。 

関連記事