2013.10.19

【続・東京マラソンへの道】中島彩「2013年・秋ウェアの流行はコレ!」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

 しかし、チャックが付いたからといって、それだけで満足しないのが私たち市民ランナー(笑)。今度はポケットの付いている位置について、ランナー同士で話題となりました。それまでポケットの位置はウエスト部分に付いていたのですが、ランナーにとって、その場所はあまり嬉しくありません。「腹筋の周辺にモノが入っていると揺れるので邪魔」「ウエストが膨らんでスリムに見えない」など、いろんなプチ不満が出てきたのです。思い立ったらすぐに行動する私(笑)は、ダメもとでスポーツブランドのショップ店員の方にその意見を伝えてみました。すると......、次のシーズンにはポケットが胸に付いていたり、背中部分に移動していたのです(笑)。胸や背中にポケットがあると、「揺れ」や「スリムに見えない」という不満はすべてクリア! 本当に使いやすくなっていました!

 まさか自分の思った通りにウェアが改善されるなんて......意見はぶつけてみるものです(笑)。まぁ、私の主張がメーカーに直接通ったというのは冗談ですが、ランナーの不満はたいがい似ていると思います。だから、市民ランナーの声をショップ店員に伝えると、その意見をベースにデザインが良い方向に変わっていくのだと思います! 私はそんな体験から、自分のランニングをもっと楽しくするために、ウェアやシューズについての感想をどんどんショップの方に伝えていますよ!

☆2013秋・流行のランニングウェアとは?

 さて、それでは2013年の秋は、どんなウェアが流行っているのか、さっそくショップに行ってチェックしてきましたよ! レディースのランニングウェアやシューズをざっと見てみると、アウトドア系の「山ガールっぽい?」カラーデザインがよく目に止まりました。「大きなチェック柄」だったり、「カラフルなボーダー」だったり、あと、「ボーイッシュ」なカラーも展開しているようです。

 2年ほど前までは、「ピンク」や「鮮やかなブルー」といった、単色メインのウェアが主流だったと思います。そして昨年は、模様はあるものの、「水玉」や「2色カラー」といったものが多かったです。しかし今年は、さらに派手になりました! この流れは、もしかすると、山で走る「トレイルラン」が流行ってきた影響かもしれません(「流行のトレイルランを初体験!」参照)。緑の多い山では派手な柄のほうが映えるので、山ガールのファッションもカラフルになっています。そんな影響もあって、チェックやボーダーなど、「トレイルランでも着られるウェアが欲しい!」というニーズがあるのかもしれませんね。