2013.10.05

【続・東京マラソンへの道】中島彩「女性だけのマラソン大会って最高!」

  • 中島彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

「Run Girl★Night」の参加賞。女性に嬉しいグッズがいっぱい!「Run Girl★Night」の参加賞。女性に嬉しいグッズがいっぱい! ☆「お・も・て・な・し」の女性マラソン大会!?

 女性に始まり、女性で終わる――。女性ランナー中心の大会といえば、毎年3月の第2日曜に開催される「名古屋ウィメンズマラソン」があります。2年前、当時東海テレビ放送に所属していた私は、番組企画で第1回大会に出場しました。そして猛練習の結果、無事に完走することができ、その魅力に取りつかれた私はその後、「マラソンライフ」の日々を送るようになったのです。

 ただ、全国的に見ると、女性だけのマラソン大会はそれほど多くありません。「もっと増えればいいのに......」と思うのですが、マラソン大会運営に詳しい人に聞くと、女性ランナーだけを集めるのは大変なんだそうです。また、知り合いの女性ランナーに聞いてみると、「レース後にシャワーを浴びられない」「日曜開催では翌日の家事や育児に影響が......」「日焼けをしたくない」という、女性特有の悩みがあって参加を躊躇(ちゅうちょ)するそうです。

 しかし、そんな悩みを解決してくれる大会がありました! それが、「Run Girl★Night」というマラソン大会です。初めて参加したので、その模様を紹介したいと思います!

 9月7日、東京・お台場で行なわれた「Run Girl★Night」は、今年で4回目。今回は1000人もの女性ランナーが参加していました。周囲を見渡すと、みんなランニングウェアが派手(笑)! そのおかげで会場はとっても華やかでした! また、この大会がすごいと思ったのは、「女性の悩み」をすべて解決してくれている点です。会場近くにはシャワーや温泉施設があり、週休2日制の人なら特に嬉しい、翌日も休める土曜日開催(マラソン大会は日曜日開催が多いのです)。そして夕方スタートなので日焼けの心配なし! こんなにも女性の立場になって開催された大会は、初めての経験です。

 今回、5キロコースと10キロコースを選ぶことができたので、私は10キロに参加。そして驚いたのは、参加賞の充実っぷりです! サンダルにブレスレット、そしてウェストポーチと、女性好みのグッズを両手いっぱいにもらえましたよ。そしてレース中の給食は、なんと「ぶどう」だったんです! マラソン大会の給食といえば、「バナナ」のイメージが強かったので、あまりにも可愛いチョイスに衝撃を受けました。さらにマラソン大会後には、アフターパーティとしてランニングウェアのファッションショーが開催! 斬新なアイディアの数々に、私も興奮しました!

 大会実行委員会の方に話を聞いてみると、「マラソン大会へのハードルが高いと感じる女性に、楽しさを知ってもらいたい」という思いから、このような大会を始めたのこと。そんな女性への『お・も・て・な・し』精神が、この大会を支えているんですね!