2013.01.19

【東京マラソンへの道】中島彩「お酒好きな私が決めた最低限のルール」

  • 中島 彩●文・写真 text & photo by Nakajima Aya

 さて、今回の『東京マラソンへの道』は、ランナーの身体を作るために欠かせない「食べ物&飲み物」についてです!

 題して、『RUN×食事』

 ●簡単に手に入るランナーフード!

 ●大好きなお酒を我慢しない!

 ●食べるマラソン大会!?

 今回はポイントを3つ作りました! また、お酒の飲み方もしっかり触れたいと思います!

「ランナーだけど、食べたい! 飲みたい!」

 ワガママな私は最低限のルールを守って、食事もお酒も楽しみたいのです!

   ☆ ☆ ☆

●簡単に手に入るランナーフード!

バナナ★走る前 → バナナ

 走る前は、基本的に食べなくて良いと私は思っています。空腹でエネルギーゼロ状態の身体は、脂肪を燃やして走力にしてくれるので。「空腹の脂肪燃やしラン」はダイエットに効果大! さらにレースでエネルギー切れが発生するラスト10キロの勝負どころで、「脂肪をエネルギーにする自家発電型ランナー」になれる身体作りも目指しています!

 私は「痩せたい願望」があるので、走る時間帯を夜ではなく、朝にするよう心がけています。朝の身体は空腹状態。痩せやすいランナー体質は「朝ラン」から! でも、どうしてもお腹がすいて走れないときは、バナナを食べます! バナナは消化が良いので、すぐに身体のエンジンをかけてくれます。何より手軽に食べられます!

チョコ★走っているとき → コンビニのチョコ

 走っている最中、お腹がすくこともありますよね? また、糖分が足りずにフラ~ッとするときもありますよね。それは、「エネルギー切れ」のサイン。そんなときは、血糖値を勢いよく上げてくれるチョコを食べます。20円とか30円とかで売っている、ひと口サイズのチョコ。コンビニで買って、それを口に含みます。

 実際のレースでも、給食エリアには必ずと言っていいほどチョコがあります! チョコの良いところは、糖分を早く摂取できるメリットはもちろんのこと、カフェインが身体に刺激を与えてくれる作用もあるようです。私は生粋の「チョコ好き」なので、10キロ以上ランニングするときは食べています! むしろ、ご褒美のチョコが食べたくて10キロ走ってしまいます(笑)!

牛乳★走り終わった後 → 牛乳&チーズ

 走り終わった身体は、筋肉が疲れ切った状態です。疲労した筋肉を修復し、さらに増強させる働きがタンパク質にはあるそうです! コンビニで手に入るタンパク質と言えば、牛乳やチーズ。走った後は、のども渇き、しかも空腹ですから、牛乳をガブ飲みしています! また、より多くのタンパク質を摂取したいとなると、やはりプロテインが便利。筋肉を増強したいときは、プロテインを飲むこともありますよ! プロテインは薬局などで売っています!

 このように「簡単に手に入るもの」をランナーフードとして代用している私。ちなみに普段の練習で私は、サプリメントなどは摂っていません。