2018.03.13

スノーボードクロスで成田緑夢が銅。
「僕にとっては完璧なメダル!」

  • 星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko
  • photo by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

 ひと味違った大舞台での表彰式後、「シンプルにうれしい。想像していたより重たくて、今までもらったなかで一番重たい」と満面の笑みで胸元に光る銅メダルを見つめる心には、どんな思いが刻まれたのだろうか。

 スノーボードでは16日にもう1種目、起伏やカーブのあるコースを1人で滑ってタイムを競うバンクドスラロームが予定されている。

「僕の目標は変わらない。挑戦の気持ちを忘れず、挑めたらいい」

 信念はそのままに、ただ自分の滑りを披露する。その先にはまた、輝く笑顔が待っている。

◆アルペン村岡桃佳、メダル連発もまだ通過点。 最終日まで「攻める」

◆パラスノーボードの王者エヴァン・ストロングが成田緑夢と平昌を語る