2017.11.29

「普通の人」が金メダリストに。
ゴールボールが変えた、浦田理恵の毎日

  • 星野恭子●取材・文 text by Hoshino Kyoko
  • 竹藤光市●写真 photo by Takefuji Koichi

 金メダリストの力強い言葉に、「勇気をもらった」「私もがんばろうと思います」といった感想がたくさん届く。そのたびに浦田は、「誰かの元気の源やプラスになれた」という手応えを感じ、それがまたつらい練習へのモチベーションにもなるという。

「いい循環をしているなと思います」

 次の大きな目標は2020年東京大会での金メダル奪還だ。その前にまず、6人の代表選手に選ばれなくてはならない。後輩たちも成長しているが、「私が目標にされ、追い越されることは、日本チームにとって勝利の第一歩。競争心がなければ、チームは衰退してしまうから。でも、『私だってまだ、絶対に負けないよ』って思っています」

 爽やかな笑顔の瞳の奥に、覚悟の炎が見えた気がした。

 週刊ヤングジャンプ×Sportiva共同編集
「東京2020 パラリンピックジャンプ vol.1
好評発売中!

詳しくはこちら>>

関連記事