2016.11.10

【女子パラスイマー】エリー・コール&
一ノ瀬メイが語る、東京への挑戦

  • 瀬長あすか●取材・文 text by Senaga Asuka
  • 五十嵐和博●写真(インタビュー) photo by Igarashi Kazuhiro,photo by Getty Images

エリー こうして話してみて思うのだけど、メイはよく笑うし、すごくハッピーな子なのね。なんだか私と似ているような気がする!

一ノ瀬 どうしよう! じゃあ私もエリーさんのようにメダル獲れるかな(笑)。

――2人は4年後の東京パラリンピック出場も視野に入っていますか?

エリー リオは過去の大会と比べて、13歳とか14歳とかの若い選手の台頭が目立つ大会でした。ロンドン以降、競技人口も増えてレベルも高くなったなと感じます。いま私は24歳だけど、彼女たちと比べるともう年寄りよね(笑)。

 自分の13歳を思い返してみると......まだ水泳を始めて間もないころだった。でも今は13歳、14歳がメダルを狙ってくる。2020年東京はどれくらい若い選手が出てきて、その子たちが金メダルを獲るのかなと興味深いですね。私もうかうかしていられません。早く練習したいですね。

一ノ瀬 私も今19歳ですが、パラリンピックの水泳界ではもう若手じゃない。負けていられないなと思っています。