2015.05.07

アイススレッジホッケー世界選手権で惨敗。ゼロからのリスタート

  • 荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu
  • 吉村もと●写真 photo by Yoshimura Moto

 平昌パラリンピックに向けての目標は、「日本のエースになること」と言い切る。「チームとしてはもちろんBプールで這い上がって最終予選につないで、パラリンピックに出場すること。個人的には、チームを引っ張っていける存在にならないといけないと思っています」

 尊敬するプレーヤーには、日本とロシアのキャプテンの名を挙げる。「須藤さんは口数が少ないけれど、僕が弱気になった時に、必ず冷静に大丈夫だよって言ってくれる安心感がある。ロシアのドミトリー・リソフもタフで冷静。プレー中は本当に怖い顔をしているけど、氷を降りると周りに気配りができるナイスガイ。そういう姿をチームメートに伝えられるようになりたい」

 競技者としては、まだまだ成長途中にある。だが、まだ見ぬパラリンピック出場を叶えるまで、絶対にあきらめるつもりはない。不惑の40歳が、平昌パラリンピックに向けてリスタートを切る。

関連記事