2015.03.29

東京パラリンピック成功のカギは「大分県にアリ」

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 竹藤光市●写真 photo by Takefuji Koichi

中村 そうかもしれないですね。大分市の隣の別府市には、太陽の家というところがあるんですが、そこには、障がいのある方が住んでいて、普通に街で生活しているんですね。だから、別府は居酒屋でもレストランでも、新しく店を始めるときに、障害のある方もお客さんとして来るんだという発想があるので、必ず車いす用のトイレを作るんです。すべてではないかもしれないけど、意識はしていると思います。ところが、その隣町の大分市はそういう発想がまだないんです。というか、実際にお客さんとして来ないので、そういう発想につながらないんだと思います。

伊藤 なるほど。要するに、福祉のためにトイレを用意するのではなくて、商売のチャンスを広げるためにやるという発想なんですね。あと5年で東京もそうなっていけばいいですね。スタジアムや体育館など、2020年の会場を建て替えるときに車椅子用の座席や障がい者のための席が大幅に増えると思います。要は、ちゃんとチケットを買ってくれるお客さんとしての、障がい者を意識した施設を作っていくことがとても大事ですね。とてもいいヒントになりました。

 ところで先生は、2020年に向けて何か企画していることはあるんですか?

(つづく)

中村太郎(なかむら たろう)・写真右
1960年9月14日生まれ。大分県出身。大分中村病院の理事長と、社会福祉法人「太陽の家」の理事長を務めている。父である中村裕(ゆたか)氏は、1964年の東京パラリンピック開催に尽力され、「パラリンピックの父」と呼ばれているが、その意思を受け継ぎ、障がい者の方が社会復帰を目指すサポートや、パラスポーツにも深く携わっている。2000年のシドニーパラリンピック、2004年のアテネパラリンピックではチームドクターを務めた。パラスポーツに関する著書としては、2002年「パラリンピックへの招待―挑戦するアスリートたち(岩波書店)」がある。

伊藤数子(いとう かずこ)・写真左
新潟県出身。NPO法人STANDの代表理事。2020年に向けて始動した「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」では顧問を務めている。2003年、電動車椅子サッカーのインターネット中継を企画、実施。それをきっかけにしてパラスポーツと深く関わるようになった。現在、パラスポーツの競技大会のインターネット中継はもちろん、パラスポーツの楽しみ方や、魅力を伝えるウェブサイト「挑戦者たち」でも編集長として自らの考えや、選手たちの思いを発信している。また、スポーツイベントや体験会を行なうなど、精力的に活動の場を広げ、2012年には「ようこそ、障害者スポーツへ」(廣済堂出版)」を出版した。

関連記事