2022.03.19

御嶽海は白鵬以来となる新大関での優勝を果たせるか。錣山親方が占う激戦の春場所

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

 十両では19歳の新十両・熱海富士が誕生するなど、若手力士が続々と台頭してきていますが、その十両での戦いを経て、1年ぶりに幕内に戻ってきたのが、22歳の琴勝峰です。

 スピード出世で幕内に駆け上がってきた頃、ここでも「ホープ」として名前を挙げたことがありますが、昨年の春場所で足を負傷して休場。以降、十両に落ちてしばらく低迷していました。しかし、先場所で十両優勝を遂げて、幕内復帰を果たしました。

 身長189cm、体重159kgという恵まれた体の持ち主ですが、ややケガをしやすい体型をしています。それでも、自ら負傷を乗り越えての再入幕。苦労した分、精神面はタフになっていると思います。

 こうした将来上を目指せる逸材たちに対して、私がアドバイスしたいのは、さらに伸びていくためにも先輩力士の相撲のビデオを見て研究してほしい、ということ。自分の体型に似ている、似ていないにかかわらず、いろいろな先輩方の相撲を見るなかで、足や顎の使い方を学んでほしいからです。

 特にケガの恐れがある琴勝峰は、先輩方の相撲を見て、学んで、ケガをしないような対策を十分に練っていくことが、今後出世していくためのポイントになるのではないでしょうか。

 3月に入って、だいぶ暖かくなり、桜の開花宣言も各地で聞かれるようになりました。春場所で頂点に立って、満開の桜に祝福される力士は誰か、注目です。

錣山(しころやま)親方
元関脇・寺尾。1963年2月2日生まれ。鹿児島県出身。現役時代は得意の突っ張りなどで活躍。相撲界屈指の甘いマスクと引き締まった筋肉質の体つきで、女性ファンからの人気も高かった。2002年9月場所限りで引退。引退後は年寄・錣山を襲名し、井筒部屋の部屋付き親方を経て、2004年1月に錣山部屋を創設した。現在は後進の育成に日々力を注いでいる。

関連記事